自分のペースで通える通信制高校

1月 24th, 2014

通信制高校での学習科目を分類すると、必修科目と選択科目という二つに分けることができます。必修科目とは卒業に必ず必要な学習内容です。1年目のときに集中的に学んでいきますので、1年生は同じ授業を受けることが多くなるでしょう。だんだん、選択科目が増えていきます。選択科目は生徒が学びたい科目を自由に選んで履修することができます。


通信制高校の選択科目は学校で違う

選択科目は、その通信制高校の個性が出る科目かと思います。資料請求などをすると履修できる単位の一覧や学校の先生の紹介などがあるかと思いますが、選択科目の中に英会話や小論文などを設置する高校もあります。また、この選択科目の中に物理や化学、生物なども入っています。そのため、大学などへの進学をめざしている場合は、希望する進学先の受験資格を確認しましょう。


医療や理系に進む場合は特に注意

薬学や理系、医療関係に進む場合は、科学や物理などの履修が必須となる場合があります。文系の大学でも、選択科目の中にある科目の履修を受験資格として設定していることもあります。ただ単に高校卒業
資格を得るだけならば74単位あればいいのですが、進学を希望するのであれば早めに担任の先生などと相談して選択科目を選ぶようにしましょう。

  • edadmin (12)
  • Comments are closed.