自分のペースで通える通信制高校

4月 11th, 2014

公立の通信制高校を卒業するには、自分自身だけで勉強する姿勢と努力が求められます。全日制の学習より難しいといことはありません。しかし「学校に行かねばならない」という強制意識がないことから、自由気儘となればどこまでも自由気侭です。そのため卒業率が半数を切ってしまうという現実があります。継続の自信がなければ、安い学費であってもムダにしてしまう可能性もあるのです。


<サポート校の存在>

塾に価する立ち位置にあるのがサポート校です。サポート校に通ったからと言って高校卒業の資格を得ることは出来ませんが、通信制高校の学習を継続してゆくためのフォローや、生活面や進学、就職などのフォローを行ってくれる学校です。私立の全日制、もしくはそれ以上の経費負担は覚悟しなければなりませんが、これによって通信制の学習不安や社会生活に対する不安などは取り除かれたという学習者が多いものです。


<進学を視野にいれて>

サポート校には、専門学校や大学、職業訓練校などへの進学を実現するために、そのような学校との連携を図っているものもあります。また私立の通信制高校がサポート校の機能を持ち合わせているものもあります。サポート校との併用や、そういった通信制高校の選択は夢の実現の近道となります。高校卒業の資格をえれば、入試を経て進学することは出来ますが、提携があることで、安心感は絶大です。

  • edadmin (12)
  • Comments are closed.