自分のペースで通える通信制高校

2月 3rd, 2014

通信制高校では今まで多くの高校が私服通学となっていました。制服そのものを販売していないところも多くありましたが、高校生だから制服を着たいという生徒も多いそうです。制服は確かに18歳までしか着ることのできない、ちょっと特別なアイテムですよね。ティーン人気の高いメゾンではかわいい制服のようなデザインの洋服を販売するところもあるそうです。


通信制高校でも制服を販売する高校も

このような制服の人気も手伝ってか、制服の販売を行う通信制高校も増加傾向にあるそうです。オリジナルの制服は販売していますが、私服通学を許可しているところであれば、購入は生徒の自由というところもあります。式典や冠婚葬祭などでも制服は役に立ちますし、一着あると便利なものかもしれません。また生徒の中には、スクールバックやカーディガンなどを自分の気に入ったものを着用し、ブレザーとスカートを制服で、などと組み合わせて楽しむこともあると言われているそうです。


セシルマクビーがファッション科の生徒とコラボ!

中央高等学院では、ファッションコースに通う生徒がデザイン案などを出して、女子高校生に人気の高いメゾン、セシルマクビーがプロデュースを行った制服を起用しました。スカートのすそや、ズボンのポケットの上などにロゴマークを刺繍し、定番アイテムとなるワッペンには中央高等学院とダブルネームのオリジナルデザインワッペンが胸元についています。