自分のペースで通える通信制高校

5月 30th, 2014

通信制高校は、与えられる教材で自分のペースにあった学習計画を立てて実践し、必要単位を取得して卒業を目指します。
単位認定試験に合格すれば、単位を取得したことになります。
授業形式は様々で、公立はほぼ一律ですが、私立の通信制高校であれば学校ごとにかなりの違いがあるものも見られます。


<通信制高校の授業>

NHKの高校講座をカリキュラムとして取り入れている学校も多く見られます。
独自のDVD教材によるものや、インターネットで授業を配信しているシステムにしている学校もあります。
それに加えて最低限のスクーリングの実施が内容となります。
それを元に自分のペースで学習し、レポート提出と単位認定試験を受けて、合格すればその単位は取得できます。
授業ということであれば、どの学校も大差はありません。
違いが出るのはスクーリングの実施と支援体制です。
レポート提出だけでも、基礎力がなければなかなか難しいものですし、そこで挫折してしまう生徒もいます。
ひとりで学習することで、甘えが出たりくじけてしまったりもするものです。
それが卒業率の低さに繋がることから、学習面や生活面での相談もできるように、体勢を整えている通信制高校も増えました。
それにスクーリングも用いられています。