自分のペースで通える通信制高校

11月 20th, 2014

通信制高校を選ぶ方には、働きながら学びたいという方も多く存在しています。しかし、アルバイトに応募する際、通信制高校に通う場合は、高校生不可の求人に応募することは出来るのでしょうか。そこで今回は、諦める前に読んで頂きたい、高校生不可求人への対応策についてご紹介致します。


様々な求人にある「高校生不可」とは

高校生不可の基準は、企業によって異なります。中でも大きな理由は、未成年の方を不可にするためです。未成年の方は勤務時間も22時までと決まりがあるので、企業側としてはその枠の中で人選するためにあえて高校生不可としているところもあります。そして学校側がアルバイトを許可していない場合もあるので、その対応策でもあるのです。
高校生だからアルバイトさせないという訳ではなく、あくまでも許可されていない未成年を雇い入れないようにするための対策なので、簡単に諦めてしまうのは勿体無いでしょう。


高校生不可でも応募する価値あり

通信制高校の場合は学校にいる時間が短く、大抵の方々は働きながら学んでいます。正社員や派遣社員の方もいらっしゃいますが、アルバイトとして働いている方も沢山います。
実際、履歴書に在学内容や学校の詳細などを記載し、電話でも一言通信制高校に通いながら働きたいと添えれば、面接をしてくれる企業は存在しています。気になる求人にはとにかく応募し、やる気を見せつける気持ちが大切です。気になる求人が見つかったら、高校生不可に囚われずに応募してみましょう!


通信制高校に在学している人は受かりやすい?

働きながら学ぶというのは言うだけは簡単ですが、実際はとても難しいものです。通信制高校で通う時間を設けなくて良いとはいえ、単位を取るために学習する時間は必要になります。定期的にテストもありますので、疎かにすることは出来ません。しかし、それでも自分が学びたいことのために学び、更に働いてお金も稼ぐという姿勢を持っている方は、とても行動力があり前向きです。
その意気込みで面接をすると、その姿勢を気に入って雇ってくれる企業もあります。通信制高校なので、学校にいる時間を自由に調整することが出来、シフトも自由に組むことが出来、企業にとって嬉しい人材になれるでしょう。

ですが、受かってしまえばこっちのものだと甘えた考えは持ってはいけません。アルバイトが始まったら、勤務と学習をしっかり両立させる生活が待っています。通信制高校で自分の学びと仕事を両立させ、充実した毎日を過ごしていきましょう。